読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぶこんシャス

土曜の夜にひそひそと貪り、あとは眠るだけ。

新日本プロレス見るなら「テレ朝チャンネル2」にはいるだけでよい

プロレス テレビ

今、スカパーはHDとかスカパーe2っていうのがなくなって、元スカパーe2が「スカパー」を名乗っている。つまり、スカパーにはいるとCSと“BS”も見られるわけ。

 

新日本プロレス的WWEnetworkがある

最近、WWEがWWEnetworkなるライブ&ビデオオンデマンドサービスを開始し、話題を集めている。「9.99ドル/月でPPV大会と過去大会見放題」という、これまで3000円/PPV1大会相当の相場を十数年続けてきたプロレス業界からすれば、狂気ともサービスで、日本では見られないということもあって、日本のプロレスファンは武道館で重低音ストンピングを踏んでいる。

日本国内でWWE NETWORKを視聴する方法(PC, PS3, iPad, Androidタブレット対応) - 100万回死んだ猫

 

もちろん国内で天下を誇る「新日本プロレス」が同じようなサービスを始めないかなーと思っている人も多いと思う。その思いが高まり、迸ってついつい動画共有サイトの有料サービスに加入する人も多いだろう。しかし、ちょっと待ってほしい。新日本プロレスだけが見たいなら、もっとオススメの方法があるのだ。

 

 新日本プロレス見るなら「テレ朝チャンネル2」にはいるだけでよい

テレ朝チャンネル2」は、スカパーで加入できる専門チャンネルだ。価格は月額630円。ちなみにスカパー基本料金が410円なので、これだけで1040円となる。WWEnetworkとほぼ同額と言っていいだろう。さらにスカパー(旧スカパーe2)に加入すると「BS」も見られるようになる。これで「BS朝日」を視聴可能だ。

 

ここまでで視聴できる新日本プロレス番組を振り返ってみよう。

  1. ワールドプロレスリング (毎週30分)

 

  1. ワールドプロレスリングLIVE2014 (生中継・3時間程度)

  2. ワールドプロレスリングLIVE2013 (不定期・2~3時間程度)

  3. ワールドプロレスリング Legend of TOKYO DOME (不定期1時間)

  4. ワールドプロレスリング クラシックス (毎週1時間)

  5. ワールドプロレスリング完全版 (不定期2時間)

  6. ワールドプロレスリング・リターンズ (毎週1時間)

 

  1. ワールドプロレスリング・リターンズ(毎週1時間)

どうだ、うっとうしいほどワープロだろう!?

一週間で見られるだろうか?いや、見られない。

 

タイトルはウソだ。本当はサムライ2にも入った方がいい。

さらに徳の高い新日本プロレスファンは地方大会も見たいという。そんな人におすすめなのが「サムライ2シリーズ」。最近は地方大会の中継を充実させており、新日本プロレスの企画番組も増えてきている。サムライTVといえばやや高額のイメージがあるが、スカパー(旧e2)で見られるサムライ2では、1,050円/月で楽しむことができるのだ。

 

さらにスカパー(旧e2)のいいところは専用端末が必要でない。つまり、過去5~6年に発売された多くのレコーダーであれば、そのまま接続するだけでスカパーを楽しめる。もちろん、録画もできるのだ。

 

ビデオオンデマンドよりも高画質で、録画もできる。WWEnetworkには敵わないかもしれないが、猪木・藤波・前田・長州・三銃士といった過去の映像もたっぷり楽しめるので、全巻揃えると10万円かかる某誌よりはコストパフォーマンスに優れると思う。

 

あと西武ファンは西武ライオンズの主催試合も観られるのでオススメだ。今年はG1決勝が西武ドームでやるわけだし、一足早く西武ドームの雰囲気に浸ってみよう。

 

以上、猫屋敷の猫より。

 

1クリックよろしくです
広告を非表示にする