読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぶこんシャス

土曜の夜にひそひそと貪り、あとは眠るだけ。

「ネット・プロレス大賞2014」に投票します。~『さぶこんシャス』の場合~ #npwa2014

プロレス

f:id:subcon:20150106014126j:plain

僭越ながら今年も投票させていただきました。

 

ネット・プロレス大賞とは?
 ファンが主催しファンの投票により決まるプロレス大賞
 投票資格は、インターネットでプロレスを語ったり、応援したり、情報を得ていたりする人、つまりは“この文章(サイト)を読むことができている全てのプロレスファン”です。

東京スポーツプロレス大賞」「週刊プロレス プロレスグランプリ」「日刊バトル大賞」「サムライTV 輝く!日本インディー大賞2014」「レスリング・オブザーバー・アワード」……業界に数々の表彰あれど、全く違った結果になることでおなじみ、ファンの、ファンによる、ファンのための「ネットプロレス大賞」。

 

投票締め切り24時間前ですが、ギリギリまで粘って今年も投票させていただきました。実質「さぶこんシャス プロレス大賞」は以下となります。

 

サイト・ブログ名:
さぶこんシャス
URL:http://subcon.hatenablog.com/

【MVP】
1位:中邑真輔
2位:AJスタイルズ
3位:HARASHIMA

*1

【最優秀試合】
1位:2014年8月10日
団体:新日本プロレス
会場:西武ドーム
試合:中邑真輔 vs オカダ・カズチカ

2位:2014年6月8日
団体:小橋建太プロデュース興行
会場:後楽園ホール
試合:里村芽衣子vs 松本浩代

3位:2014年5月5日
団体:ドラゴンゲート
会場:愛知県体育館
試合:土井成樹vsB×Bハルクvsジミー神田vsMr.キューキュー“谷嵜なおき豊中ドルフィンvs吉野正人vsCIMA

*2

【最優秀タッグ】
1位:ヤング・バックス
2位:杉浦貴&田中将斗(弾丸ヤンキース
3位:YAMATO&サイバーコング(ヤマコン)

*3

【新人賞】
1位:小松洋平
2位:ビッグR清水
3位:植木崇行

*4

【最優秀興行】
1位:2014年8月10日
団体:新日本プロレス
会場:西武ドーム

2位:2014年7月10日
団体:WWE
会場:両国国技館

3位:2014年8月17日
団体:DDT
会場:両国国技館

*5

【最優秀団体】
1位:新日本プロレス
2位:大日本プロレス
3位:DDT

*6

【最優秀プロレスを伝えたで賞】
1位:2014年6月29日DDT後楽園ホール大会「スーパーササダンゴマシン 煽りパワポ」 - YouTube
2位:リング☆ドリーム 女子プロレス大戦
3位:棚橋弘至はなぜ新日本プロレス

*7

 

2014年も楽しいプロレスの1年でした。今年ももっと楽しめるように、願いを込めて、この投票に代えさせていただきます。

 

さぶこんシャス。

*1:棚橋弘至、オカダ・カズチカ柴田勝頼飯伏幸太…今年のMVP候補を思い浮かべると、すべてvs中邑真輔につながるんですよね。しかもことごとく中邑はボコボコにやられている。美しすぎるゾンビですよ、THRILLERの世界。文句なしで中邑真輔の年でした。AJは外国人世界NO1の評価として。HARASHIMAは、なんで年々強くなってるんだろう。本当に怖いくらい。近年直接対決しておらず、新日本で大活躍する今の飯伏でさえ「全く敵わないのではないか」と思ってしまうほど。それほどまでに2014年のHARASHIMAは強かった!

*2:空前絶後の西武ドーム大会メインイベントは、会場条件も気候もすべてが神がかっていましたね。本当に泣くかと思った。この試合はプロレスにおける究極の母性、そして2015.1.4の棚橋×オカダが究極の父性。この2試合でプロレスの未来は決まったと感じました。2位は今年の女子プロベストバウト。とんでもない試合でしたけど、小橋興行の中で埋もれたかも。3位はドラゲー今年最高の興行から。今年は神戸ワールドよりも、5.5愛知県のほうがよかったと感じるほどです

*3:御新規さんが多く、かつ地方でタッグばかりの新日本において、タッグの面白さを広く布教してくれたヤングバックス。TNAやROHでの試合も実に素晴らしかった。実力以外で評価していいなら、現在世界最高のタッグチームの一つでしょうね。2位は弾丸ヤンキース、だけどこのチームは反則です。3位はヤマコン。久しぶりにタッグとして始動しましたけど、本当にこの2人は相性がいい。現在団体の頂点にいるYAMATOと組んで霞まないところまで戻ってきた暴走獣さんにも期待

*4:小松は本当にとんでもない存在ですね。さっさと本人が希望するマスクマンとしてデビューさせたい、世が世なら6代目タイガーマスクにしてもいいとさえ思います。リョーツはあのときマッドブランキー入りさせてもよかったかなと思いましたが、モンスターキャラに期待です。植木は本当にすごい。あの一連のムーブだけで現在の怪奇派トップ選手に躍り出てしまった。期待が大きくなるほど過酷な試合も増えると思うので、なんとかレベルアップしていってほしいものです

*5:すべて観戦した大会から。WWE両国でのエイドリアン・ネヴィル×サミ・ザインは最高でしたね

*6:今年の新日本は悪いことには目をつぶれるくらい、いろんなことにチャレンジしてくれたので高評価です。ただ、いい加減若手ベビーへのテコ入れ、ヒールの扱い下手っていう2点だけは今年も改善されませんでしたね。大日は本当にモンスタープラント。健介オフィスがこうなると思ってたら、こっちが上回っちゃった。これからも化け物をどんどん他団体に送り込んでほしいものです。DDTは、今年のたまアリで進退がかかりますね。新日でも埋められない東京ドームを埋めるには、大きな舵取りが必要です

*7:煽りパワポは会場で観たら本当にとんでもない表現技法なわけで、鋭利な芸術は世間にも届くと証明してくれました。その後はお茶を濁したけれども。リンドリは最近ユーザ増えてませんかね!?特に女性の!気のせいですかね!?公式オフ会逝きたかったよね。坂口征子ちゃん実装はよ!棚本は「自伝が売れるレスラーは超一流」を証明してくれたと思います