読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぶこんシャス

土曜の夜にひそひそと貪り、あとは眠るだけ。

2017年は両国国技館でプロレス興行が行えないかもしれない…。

プロレス格闘技興行 ニュース DDT

Discover Japan 2015年 03 月号

少し先の話にはなりますが。報道によると、日本相撲協会は2017年に両国国技館の本格的な改修工事に入るとのこと。とはいえ、相撲を開催しないわけにはいかないので、その工事期間は相撲開催日以外ということになります。相撲開催日以外に両国を使用しているのは…そう、プロレスやボクシングと行った格闘技イベントです。

東京・両国国技館の更新工事を集約して行う2017年の1年間、本場所と相撲関連行事以外には使用しないと発表した。 

まあ決まったものはしょうがないですね。改めて今年、両国国技館大会を行う予定の団体を振り返ってみましょう。

 新日本プロレス

通年で両国国技館大会を行う新日本には困った話でしょう。現に、昨年も長年のパートナーだった両国国技館でのG1決勝戦を諦めて、無謀とも思えた西武ドーム大会に乗り出しました。最近は代々木第二、横浜アリーナ、大阪城ホールと近年にない新しい会場を模索しているようですので、もし今のブームが右肩上がりで続いていくなら両国が1年ないくらい、どうってことないでしょう。

DDT

今年はさいたまスーパーアリーナに初進出し、夏には毎年恒例の両国国技館大会を行っているDDT。ちなみに2016年は3月21日と8月28日に2度の両国国技館大会を開催予定です。その翌年に両国が使えなくなるってことは、春・夏両国制は2016年かぎりってことですね。残念。しかし!忘れてはいませんか? DDTは2012年の武道館大会で、「5年後の東京ドーム進出」を明言しています。つまり、2017年は東京ドームの年。そんなね、両国なんてちっこい会場でやってる場合じゃないんです。さすが大社長、持ってます。両国でできない分、東京ドーム1発ででかい花火を打ち上げてほしいもの。

 

ちなみにDDTで会場というと、最近大社長が新宿近辺で道場兼常設会場を探していることを名言。東京に自前の会場さえあれば、なにも両国でやらなくてもいいのかもですね。いやあ、景気が良いもんです。

 

その他の団体

他でいうと、今年は大日本プロレスが20周年で両国国技館大会を開催予定です。大日本といえばビッグマッチは横浜文化体育館ですが、こちらも定着してくれるといいですね。今年は行ってませんけど、WRESTLEー1もビッグマッチは両国というイメージがあります。それとWWE。アメリカ的にはスモーアリーナというのは引きが強いはずで、ここ数年続いていましたが…。久しぶりに武道館、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ行っちゃいますか。その際もチケット代は据え置きで何卒…!あと両国といえば…、まあIGFですね。でもIGFが2017年まで続いているかわからんし…お米は十分にある団体ですから、武道館でも有明コロシアムでも使うでしょうや。

 

各団体がどんな会場を使うのか。両国でプロレスが見られない残念さとともに、新しい会場に足を運ぶきっかけになりそうで楽しみですね。